豊橋

最初に雑誌を楽しむ豊橋のママ活

最初に出会った漫画はらんま1/2だったのを覚えています。

それは彼の兄弟がガベージコレクションから拾ったものでした。

7歳か8歳の時だったと思います。

 

愛知・名古屋でママ活できそうな女性 〜岡崎・一宮・豊橋・豊田・豊川でもママ活にチャレンジしよう

豊橋のママ活面白かったので何度も読んで、最初は読んだだけでしたが、やがて絵を真似てノートに漫画のキャラクターを書き始めました。

私は特にシャンプーという女の子が好きでした。

豊橋のママ活彼女はそのお団子の頭と長い光沢のある髪を切望し、それを書くことに熱心でした。彼女はアイヤーや吹き出しのようなことをしましたw

そういうわけで、私の絵はらんま1/2の作者である高橋留美子の絵とまったく同じに見えました。

豊橋のママ活最初はそのようにイラストを描いていたのですが、次第にマンガ風になっていきました。

フレームを分けてストーリーを作りました。

それが私がノートコミックを書き始めた方法です。

ある時から、女の子向けの雑誌「リボン」を読み始めました。

豊橋のママ活図書館にあった雑誌を読んだからだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です