未分類

愛知のセフレが立ち上がるのを手伝った人たち

愛知のセフレでは立ち上がるのを手伝った人たちが
救われた者たちは下に立つ。
階層関係を明確にする
愛知のセフレ

(「風の風の風ぜんか」)

日本の作者から見た日本と日本の違い。
考え方の違いの大きさに驚きました。

本自体が出版されてから30年になりますが、
お互いの意識が変わったのかもしれません。
ただし、ここまで
国によって大きな違いがある場合
それが摩擦を引き起こすのは当然のようです。

愛知のセフレの見た目が違うと
「違うので」と相互理解は進みやすいようです。
ただし、形状と形状が近すぎるため
知らずに「同じ」と「共感」を求めました
「あなたはそれだけ理解できます。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です